NEWS

壱岐で観光もしながら、SDGsにも取り組める!

壱岐は観光の島でもあります。

観光とSDGs、あまり関係がないようですがSDGsのゴールの「目標7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに」と「目標11.住み続けられるまちづくりを」につながるものが1つありました。

それは「イキエコ」という電動スクーターです。

壱岐では、観光の交通手段として、レンタカー、バス、観光タクシーが利用されています。
そんな中、2018年2月から、レンタル電動スクーターが仲間入りしました。

電動スクーターは、ガソリンいらずで、太陽光・風力・水力など、再生可能エネルギーから製造できる「電気」を動力源としています。

さらに1時間の充電で0.1円と経済的なんです。

SDGsの目標7の具体目標に「2030年までに、安価かつ信頼できる現代的エネルギーサービスへの普遍的アクセスを確保する。」というものがあります。
ちなみに、このスクーターを生産している会社は「電動バイクで地球を救う」というコンセプトを掲げていて、応援したい企業のひとつです。

また、SDGsの目標11の具体目標に「すべての人々の、適切、安全かつ安価な住宅及び基本的サービスへのアクセスを確保し、スラムを改善する。」があるのですが、電動スクーターは、まさにぴったりなんです!

一番利用されているレンタカーで困ることのひとつに、土地勘のない観光地でのガソリンスタンド探しがあります。また、離島のためガソリン代はちょっと割高です。

電動スクーターだと、スクーターについた電源コードを指して充電する仕組みなので、コンセント口があれば、どこででも充電可能です。さらに島内には68か所も充電スポットがあり、無料で利用できるサービスになっています。

また、SDGsとは離れますが、電動スクーターで観光するメリットはまだあります。

壱岐島では、駐車場がない小さなお店や、ワクワクするような小道がたくさんあります。レンタカーだとすぐに止まったりできませんが、電動スクーターだとふらっと立ち寄ることができます。

壱岐は海に囲まれた島なので、ちょっと小道に入れば、小さな船着き場だったり、海の絶景だったり、ついシャッターを切ってしまうような風景とたくさん出会えます。行き止まりに入ってしまっても小回りがきくので安心です。

もうひとつは、安全であること。離島では、駐車場がない小さなお店や、ワクワクするような小道がたくさんあります。

レンタカーだとすぐに止まったりできませんが、電動スクーターだとふらっと立ち寄ることができます。壱岐は海に囲まれた島なので、ちょっと小道に入れば、小さな船着き場だったり、海の絶景だったり、ついシャッターを切ってしまうような風景とたくさん出会えます。

行き止まりに入ってしまっても小回りがきくので安心です。「迷子になっても、島から出てしまうことはないから大丈夫!」と壱岐の人は笑って言います(笑)

自由きままに観光することができ、SDGsにもつながれる電動スクーター「イキエコ」、観光のひとつとして体験してみるのもおすすめです。

掲載内容に関するお問い合せ先

一般社団法人 壱岐みらい創りサイト

Email
iki-twc-info@hm.iki-vision.jp
TEL
0920-40-0231(平日:9時00分〜17時00分)